花まるグループの進学塾部門。「幸せな受験」のために

スクールFC
menu
花まるグループの進学塾部門。「幸せな受験」のために
花まるグループ資料が揃っています!資料請求はこちら 一週間の無料体験授業を実施中!体験授業のお申し込み

9月のテーマは世界の多様性です!

「旅する読書
〜大人のための読書講座〜」
とは

「うちの子、なかなか本を読まなくて・・・」
「何が“いい本”なの?そもそも読書って本当に必要なの?」

子どもの読書にまつわる疑問の数々。それらに対して、現場での豊富な実践をもとにお答えします。
また、毎回物語の舞台となった日本・世界の風景をスライド で上映し、素敵なゲストによる「お楽しみコーナー」も充実。

ご自宅などからも参加できるようオンライン配信でお送りします。
昨年よりも時間が長くなり、紹介する本のラインアップも一新!
さらに深く楽しんでいただける内容となっております。

奥深くて魅力的な物語の世界を味わえる時間を、ぜひご期待ください!

お子さまもぜひご一緒に!

基本的には大人向けの内容です(保護者向けメッセージが多い内容や、一部比較的レベルの高い文学作品も扱います)が、本に興味のある高学年〜中高生も参加歓迎です!

各回テーマに沿ったゲストコーナー!

花まるグループで表現教育に携わる講師による朗読劇や即興芝居、スクールFCの理科・社会のプロフェッショナルによるミニ講座や対談など、ゲストコーナーもご用意しております。

ぜひ親子でご参加ください!
  • 開催方法ZOOMライブ配信
  •  日時 
    【第1回】 4月22日(木)・ 4月24日(土) 
    【第2回】 5月20日(木)・ 5月22日(土)
    【第3回】 6月17日(木)・ 6月19日(土) 
    【第4回】 7月15日(木)・ 7月17日(土) 
    【第5回】 9月23日(木)・ 9月25日(土) 
    【第6回】10月21日(木)・10月23日(土) 
    【第7回】11月18日(木)・11月20日(土)
    【第8回】12月16日(木)・12月18日(土) 
    【第9回】 1月20日(木)・ 1月22日(土) 
    【第10回】3月17日(木)・3月19日(土) 
    ※時間はすべて10:30~11:50(各回80分講演)+10分ほど質疑応答タイム
    ※各月、基本的に月末の木曜午前と土曜午前の2回、同内容での開催となります。
  • 参 加 費一家族さま 1回455円(税込500円)
花まるグループ会員の方はこちらからお申し込みください
一般の方はこちらから 
※外部チケットサイト(Peatix)に移動します

講座内容のご案内

4月

【第1回(4/22・24)】
「物語という名の冒険へ!―「行きて帰りし」子どもたち」

子どもとは、日々さまざまな「行って帰る冒険」をくり返す存在?多くの児童文学や名作絵本にも描かれ、時をこえて子どもたちの心をつかんできたそのストーリーの魅力を読み解き、心躍る物語世界の冒険へとご案内します!

第1回の内容を一部ご紹介します!
ブックリスト サムネイル
ブックリスト

第1回でご紹介する本のリストです。
※クリックするとPDFファイルが開きます。

パングボーン
パングボーン
『たのしい川べ』の舞台パングボーン

ロンドンから電車でおよそ1時間半の、テムズ川が流れる穏やかな町。K.グレアム(1859~1932)による『たのしい川べ』の舞台。「ただ戸を一つしめて、陽気に一歩ふみだせば、それでいいんだ!」という旅ネズミの台詞は、春にふさわしい軽やかさが感じられる素敵な言葉です。

エンデの墓
エンデの墓
ミヒャエル・エンデの墓

ファンタジー作家M.エンデ(1929~1995)の墓は、ドイツ南部、ミュンヘン市内の森林墓地にあります。代表作『モモ』に登場する時のカメ、カシオペイアを象った墓碑もあり、背中には「HABE KEINE ANGST(オソレルナ)」と刻まれています。

ケンジントン公園
ケンジントン公園
『ピーター・パン』の舞台

ロンドン中心部にあるケンジントン公園は、J.M.バリ(1860~1937)による『ピーター・パン』の舞台となった場所。イギリスの数ある児童文学の舞台の中でも、最も訪れやすい場所の一つです。実は原作小説には、映画などでは語られていない、主人公ピーターの意外な正体や運命が描かれています。それは一体・・・・・・?

多数のご参加ありがとうございました!

5月

【第2回(5/20・22)】
「今こそロングセラー! ~世界のすごい絵本作家たち~」

コールデコット、ポター、バートン、センダック……。近代絵本の幕開けを代表する隠れた傑作から、誰もが聞いたことのあるロングセラーまで。世界のすごい絵本作家たちの名作をひも解くと、子どもにとって普遍的な「よい本」の条件が見えてきます。

第2回の内容を一部ご紹介します!
ブックリスト サムネイル
ブックリスト

第2回でご紹介する本のリストです。
※クリックするとPDFファイルが開きます。

パングボーン
パングボーン
ロンドンの老舗書店『ハッチャーズ』

ピカデリーサーカスにあるイギリス最古の書店で、創業は1797年。モットーは「ベストセラーよりロングセラー」で、時の試練を経て長く読み継がれている絵本も豊富に置かれている。ちなみに、イギリスには「3世代続かないものは本物とは言えない」ということわざもある。

メルヘン街道の町 カッセル
メルヘン街道の町 カッセル
メルヘン街道の町 カッセル

ドイツ、メルヘン街道のほぼ中央に位置する町カッセル。グリム兄弟が長く暮らした町としても有名。町の中心部を離れると、数百年前の古城を見ることができる。まるでフェリクス・ホフマンのロングセラー絵本『ねむり姫』のような雰囲気が漂う。

ブレーメン
ブレーメン
メルヘン街道の終着点 ブレーメン

港町ブレーメンは、『ブレーメンの音楽隊』で動物たちが目指した場所。中世後期にはハンザ同盟の中心地として栄えた。世界遺産にも登録されている市庁舎の横には動物たちの像があり、「ロバの両足に触ると幸運に恵まれる」とされている。おかげでロバの足だけがピカピカに・・・・・・。

多数のご参加ありがとうございました!

6月

【第3回(6/17・19)】
「もはや芸術の域! ~日本のすごい絵本作家たち~」

日本が世界に誇る、絵本表現の可能性を追究し続けたすごい絵本作家たち。細部に至るまでこだわり抜いたその作品は、もはや芸術の域に達しています。赤羽末吉、茂田井武、林明子など、世界も認めたアーティストたちの作品をお楽しみください!

第3回の内容を一部ご紹介します!
ブックリスト サムネイル
ブックリスト

第3回でご紹介する本のリストです。
※クリックするとPDFファイルが開きます。

鶴布山珍蔵寺
鶴布山珍蔵寺
山形県南陽市・鶴布山珍蔵寺(かくふさんちんぞうじ)

全国に数多ある『鶴の恩返し』伝説の地の一つ。鶴の羽で織られた織物が受け継がれているとされる。織機川(おりはたがわ)や鶴巻田(つるまきた)、羽付(はねつき)など、周辺には物語を思い起こさせる地名も多い。

めがね橋
めがね橋
JR釜石線の宮守川橋梁、通称「めがね橋」

宮沢賢治による未完の傑作『銀河鉄道の夜』の世界観をイメージさせるライトアップが印象的。『銀河鉄道の夜』の他にも『シグナルとシグナレス』、『氷河鼠の毛皮』など賢治作品には鉄道が多く登場するが、そのモチーフとなったのがJR釜石線の前身である岩手軽便鉄道だった。

漱石公園
漱石公園
新宿区の指定史跡「漱石公園」

夏目漱石は明治40(1907)年から大正5(1916)年に亡くなるまでの9年間をこの地で暮らし、その家は「漱石山房」と呼ばれていた。『三四郎』、『それから』、『こころ』、絵本化もされた『夢十夜』などの代表作はここで執筆された。

多数のご参加ありがとうございました!

7月

【第4回(7/15・17)】
「夏休み直前! ~2021年の夏に読みたいこの一冊~」

2021年の夏休みは、是非この講座で紹介した本をかたわらに! 読書感想文や自由研究のヒントになる本、海や山、冒険を描いた絵本、古きよき日本の夏や、戦争を描いた児童文学・・・・・・。 夏に彩りを添える本の数々をご期待ください。

第4回の内容を一部ご紹介します!
ブックリスト サムネイル
ブックリスト

第4回でご紹介する本のリストです。
※クリックするとPDFファイルが開きます。

パングボーン
パングボーン
アストリッド・リンドグレーン・ワールド

スウェーデンを代表する世界的児童文学作家、アストリッド・リンドグレーン(1907~2002)の作品世界を再現したテーマパークが、生まれ故郷ヴィンメルビーにあります。『やかまし村の子どもたち』や『名探偵カッレくん』など日本でも人気の作品は多いですが、このパークの一番人気は『長くつしたのピッピ』のミュージカルです。

メルヘン街道の町 カッセル
メルヘン街道の町 カッセル
原爆ドームほか、広島市の被爆建物

1945年8月6日に投下された原子爆弾によって、広島市内のさまざまな建造物が損害を受けましたが、その一部は戦争の悲惨さを語る「被爆建物」として保存されています。最も有名なのは世界文化遺産にも登録されている原爆ドームですが、広島市内にはその他にも数多くの被爆建物が残されています。

ブレーメン
ブレーメン
アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所(ポーランド南部)

ナチスによるホロコースト、強制労働により最大級の犠牲者を出した「負の世界遺産」です。「個人としての感覚」を消失させてしまう大量虐殺のおそろしさは、『夜と霧』(V.フランクル)、『アンネの日記』(アンネ・フランク)などによって語られてきました。

多数のご参加ありがとうございました!

9月

【第5回(9/23・25)】
「世界は多様で面白い! ~子どもの本で知る世界のこと~」

知れば知るほどその奥深さ、複雑さに驚かされるこの世界。世界の多様性を味わって自分の「あたりまえ」にゆさぶりをかけ、混乱を楽しむエキサイティングな旅へとご案内します。社会科教育のプロフェッショナルによる歴史教養講座にもご期待ください!

10月

【第6回(10/21・23)】
「センス・オブ・ワンダー ~子どもの本で「内なる自然」を~」

子どもの本で描かれてきた「自然」を読み解くと、身近な場所にある自然や私たちの「内なる自然」に気づける視点が身につきます。理科教育のプロフェッショナルによるミニ講座「かんじる科学」とあわせ、好奇心がぐんと広がる時間をお送りします。

11月

【第7回(11/18・20)】
「ようこそ「この世ならざる者たち」の世界へ!」

おばけ、幽霊、魔女、妖怪……。目には見えない「アナザー・ワールド」からの使者である彼らは、日々何気ない日常を送る私たちに何を語りかけるのか? ちょっと怖いけど魅力あふれる、「この世ならざる者たち」の世界へとご案内します。

12月

【第8回(12/16・18)】
「クリスマス直前! ~名作ファンタジーの世界~」

聖夜には目では見えなくても大切な、この世界の普遍的なことを考えてみませんか? 古今東西のファンタジーの名作とともに、クリスマスの時期にふさわしい本も多数紹介します。心温まる時間をご期待ください。

1月

【第9回(1/20・22)】
「読む? 観る? ~映像化された子どもの本たち~」

映画化、アニメ化、漫画化、ドラマ化されることも多い子どもの本。先に原作を読むべきか、映像を先に観るか? それぞれのメリット、デメリットは何か? 数々の絵本や児童文学を、「映像化」という観点から読み解きます。

3月

【第10回(3/17・19)】
「子どもの本の未来 ~「これまで」と「これから」~」

時代とともに変わっていくものと、決して変わらないもの―。1年間の講座の締めくくりとして最新の児童書を紹介しながら、改めて子どもの本の未来、物語に触れる喜びについて語ります。

講師紹介

平沼 純(ひらぬま じゅん)
スクールFC用賀校で国語授業や公立一貫コース授業のほか、総合的な学習の時間である「合科授業」などを担当。多数の受験生を合格へ導くとともに、豊かな物語世界の楽しさ、奥深さを味わえる授業を展開し続けている。2015年度からは、欧米の「リーディング・ワークショップ」、「ライティング・ワークショップ」の手法を取り入れた国語授業をスタート、好評を博している。各種メディアで紹介されている『子どもを本好きにする10の秘訣』(実務教育出版)のほか、書籍、雑誌・新聞記事などを多数執筆。オンライン書店「honto」ブックキュレーター。読書をテーマにした講演会も精力的に行っており、本を読む楽しさ、物語を味わう大切さを訴え続けている。
平沼純近影